さいたま市大宮区の動物病院です。ワクチン、フィラリア、狂犬病の他、椎間板ヘルニア、心臓病、がん、皮膚病、手術に力を入れています。

おおた動物病院のバナー
HOME | 腹腔鏡手術

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術とは
お腹に小さな穴を開け、細いカメラを挿入します。画面に映し出されたお腹の様子を観察し、特殊な器具を用いて行う手術です。
腹腔鏡下手術、腹腔鏡補助下手術とも呼ばれることもありますが、特に明確な区別はありません。また英語でLaparoscopic surgeryということから、「ラパロ」と略称で呼ぶことがあります。
従来の開腹手術と比較して、術創が小さく、臓器の湿潤環境が保たれ、術後の機能回復が早いことが特徴です。

当院で実施している腹腔鏡手術

・腹腔鏡下卵巣子宮摘出
・腹腔鏡補助下腹腔内潜在精巣摘出
・肝生検
・腹腔鏡補助下膀胱結石摘出
・腹腔鏡補助下腸管内異物摘出
・腹腔内リンパ節生検など

 
腹腔鏡手術

※ここから先は、実際の臓器の写真が含まれます。
閲覧の際はご注意下さい。

腹腔鏡下での避妊手術(不妊手術)

モニターに映るお腹の様子

卵巣の写真

従来の開腹手術では、卵巣をお腹の外に引き出し、靭帯(卵巣提索)や血管の処理・切除します。
その際に、卵巣提索(らんそうていさく)を引き延ばすことで痛みが生じます。
腹腔鏡下避妊手術では卵巣提索を体外に引き出すことなく、腹腔内で処理を行います。これにより痛みを軽減できることが、腹腔鏡の最大の利点の一つです。

 手術直後

避妊手術の術創写真

キズは2つまたは3つで、1つのキズ口は5~10mmサイズです。
術後1週間

腹腔鏡抜糸直後1

術後1週間後に抜糸を行った様子です。手術前に毛刈りしたところも産毛が生えはじめています。
※掲載写真は飼主様に御許可を頂いております。  

腹腔鏡補助下での去勢手術(潜在精巣、停留睾丸、陰睾)

モニターに映るお腹の様子
左潜在精巣


右潜在精巣


従来の方法は、大人の指が2本分が入るサイズを切開し、指の感触で盲目的にお腹の中の精巣を探して摘出します。
腹腔鏡を用いると、簡単にお腹の中の精巣を見つけることができ、必要最低限のサイズの穴で精巣を摘出することができます。
写真の2つの精巣は左右ともに最大直径が1cmにも満たないサイズです。
 

 手術直後

潜在精巣術直後
キズは2つで、1つのキズ口は5~10mmサイズです。
お臍下の穴から、テレスコープ(カメラ)を挿入して、陰部の横の穴からお腹にある精巣(2個)を摘出します。
術後1週間
抜糸直後の写真2

 術後1週間後に抜糸を行った直後の様子です。
※掲載写真は飼主様に御許可を頂いております。